ちょぼの凡ミス(実話)

みなさんこんにちは!ちょぼです。
今回も、オーディション合格の秘訣をお伝えいたします。今回のテーマは、ちょぼの凡ミス実話、
『その音源審査、本当は合格だったのに!』です。

ちょぼは、5年前、絶対合格していたであろうオーディションに落ちた経験があります。
なぜ、絶対合格だったとわかるかというと、常連のように出演していたカンパニーのミュージカルのオーディションだったからです。落ちたことは一度もありませんでした。

ミュージカルのオーディションに、音源審査はつきもの。自分の歌を録音したロムを、オーディション用紙と共にカンパニーに送り、
審査員さんにきいていただくのです。

が、、、なんと今回は音源審査通過ならず!実技審査にも行けず、書類と音源審査落ち!!
ひどすぎる結果、、、。
なにが悪かったの!?

ちょぼは原因を調べました。すると落とし穴はすぐそばにありました。

ちょぼはその年、人生で初めてパソコンを買ったのです。友達がロムに音楽をやいているのを知り、少しでもお金を節約しようと、いつもはレコーディングスタジオで焼き増ししていただいていたCDロムを、自分のパソコンで焼き増しすることにしたんです。
これがいけなかった、、、!!

審査の時、音源のロムはCDプレイヤーで再生させることが多いそうです。

パソコンでただ焼いたロムは、なんとCDプレイヤーでは再生できません!!
再生できない音源は、当然落選扱い。

つまり、私の歌は、審査員さんの耳にはいることなく、応募基準に満たない理由で落選してしまったのでした。

CDプレイヤーで再生させるためには、それなりの特殊な方法が必要で、ちょぼは未だにそのやり方がわかりません。
なので、現在は、その技術がある方に依頼するか、レコーディングスタジオで、10枚ほど事前に焼き増ししてもらうことにしてます。
ちなみに一枚追加300円程度です。

あなたのその音源、本当は合格だったかも!
音源のロムをパソコンで焼き増ししたからって安心してませんか!?

せっかく手間をかけて、オーディションに応募するのです。
凡ミスで落選したらもったいない!
是非気をつけてみてください!

あなたのオーディション活動を応援しています。

ちょぼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA