超ビギナー向け!基本的なオーディションの見分け方!

みなさんこんにちは!ちょぼです。
今回も、オーディション合格の秘訣をお伝えします。まずは騙されたと思って実践してみてください!

 

今、舞台役者になりたい、オーディションに挑戦したいと考えているそこのあなた!受けたいオーディションはみつかりましたか?
舞台役者のオーディションはとりわけ多く、なにから手をつけたらいいかわからない!
しかも、経験がないため、オーディションの情報をみたところで、なにがなんだかわからない!それで不安になって、結局今回もオーディション応募をあきらめちゃった、、なんて方、結構いらっしゃると思います。
わかります!ちょぼもそうでしたから!
なにもかも初めての時って、オーディションに応募するだけでもかなりの勇気と思い切りがいるし、未知の世界への恐怖でつい足がすくんじゃいますよね。

しかし、応募しなければオーディションは受けられないし、オーディションを受けなければ舞台に立つ夢は叶いません。今こわいのは、あなたがオーディションについて何も知らないからです。
オーディションについて知識がつけば、
前に進みやすくなるでしょう。

そこで、今回は、これから舞台役者になりたい超ビギナー向けの、本当に基本的なオーディションの見分け方をお伝えします!

舞台役者のオーディションの大まかな種類は
❶所属オーディション

❷作品出演者オーディション
❸役のオーディション

この3つです。
ひとつずつ説明していきます★

❶所属オーディション
劇団、事務所に入所、所属するためのオーディションです。
合格者は、オーディションをうけた団体に属し、レッスンなどで育成され、将来はプロとして、その団体の作品に出演していきます。
育てる目的で役者のタマゴを募集していますので、舞台未経験者大歓迎です!が、養成期間は、専門学校みたいにお金がかかるケースがあります。【養成所の生徒のことを、研究生とも言います】
ですが、養成期間終了後は
常にステージに立てる機会に恵まれる劇団員になれる!!きちんと取り組めばエスカレーター式に舞台が待ってますので、所属は手堅い道だと思います。
劇団は上下関係が厳しかったりもします。先輩たちに舞台役者としての振る舞いを躾けていただけるメリットもありますが、劇団の雰囲気やポリシーによって、自分の向き不向きがはっきりするかもしれませんね。

 

❷作品出演者オーディション
公演が決まっている作品の全キャストを募集するオーディション。所属ではなく、作品の稽古と公演期間のみの採用です。
採用されたキャストの中から誰がなにを演じるか、偉い方が役をふりわけていきます。
自分では役を選べません。

舞台未経験者を採用する可能性は少なからずありますが、基本的に即戦力となる方を募集しています。オーディションでは、タイプの違う役を2〜3コ演じるように言われることが多いみたいです。
そして、こちらのオーディションは、
主役がすでに決まっていて、主役以外を募集する場合も多いです。しかし、
主役のイメージに近かったりすると、
主役のアンダー【本来の役の
方が病気や怪我などで、急遽降板した場合のピンチヒッター】や、ダブルキャスト【1つの役を演じられる役者さんが複数いて、交代に演じる】
になれる場合もあります。

ただし、合格しても所属劇団員とちがい、作品の上演期間が終わればそれで出演も終わり。また新しい出演先を探さなくてはいけません。この繰り返しです。フリーランスの自由はありますが、落ち着かなくて向かない方もいれば、こちらの方がフットワークが軽くていい!という方もいます。

 

❸役のオーディション
その名の通り、作品の役自体のためのオーディションです。ただし、この場合、主役級の役を募集している場合が多いでしょう。
その役にふさわしい方を募集しています。
イメージが近かったり、
極端に魅力があったりすれば、
実は未経験者がプロをおしのけ、
イッパツ当てて役をゲットする場合もあります!
が、倍率は前の2つに比べてずっと高いですし、受験者も半端なく多いです!!オーディションも長期戦になります。
勝ち残れば残るだけ、何日もオーディションに費やす、、なんてよくある話。
しかも、役自体のオーディションは、滅多に開催されませんので、超レア!みつけた際には是非是非玉砕覚悟でも受けてみることをオススメします。

さて、オーディションの基本的な見分け方、おわかりいただけたでしょうか?
このパターンをふまえてもう一度オーディション情報をみていけば、
オーディションの内容を理解できるはずです。
自分の受けたい、価値観に叶ったオーディションをぜひみつけてください!

あなたのオーディション活動を応援しています!

ちょぼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA